Facebook Twitter YouTube RSS

アクアパッツァ(acqua pazza)とは

アクアパッツァとは、魚介類をオリーブオイルで焼き、白ワインや水で煮込んだイタリア料理です。
新鮮で豊富な魚が食べられる「福岡の新名物」!!

簡単に料理ができ、豪華に見えて、しかも、とても美味しいのでオススメです!

タイ、スズキ、ホウボウ、カサゴ(アラカブ)、カレイ、タラ、イサキなどの白身魚で作るのが一般的です。いろいろな魚で料理にチャレンジしてはいかがでしょうか。
アクアパッツァレシピがもらえる「魚屋さん」はこちら

また、骨から旨味がスープに染み出るので、1尾丸ごと調理するのがベターです。もし、切り身で作られる場合は、骨があるものを選ぶと美味しくできあがります。

アサリやムール貝など貝類を一緒に入れると、さらに美味しくなりますよ。

トマトやズッキーニなどの野菜や、シメジやエリンギなどのキノコを入れたり、ローリエ、ローズマリー、タイムなどのハーブを入れたりと、ちょっとアレンジするだけで、バリエーションが広がり、いろんな味が楽しめます。

そして、アクアパッツァの美味しいスープにパスタを入れるだけで、なんどすごく美味しいスパゲッティができますよ(^^)

でも、作るのが苦手な方や、プロの味を堪能したい方は、やっぱりお店が一番ですね!
アクアパッツァメニューがある「飲食店」はこちら
新鮮な魚のアクアパッツァは最高ですよ~!

福岡の新名物「アクアパッツァ」について ~長浜鮮魚市場から発信!~
1.とても美味しい!
2.新鮮な魚の良さが活きる
3.いろいろな魚で調理ができる
4.オシャレで、豪華に見える
5.簡単に調理できる 

 長浜鮮魚市場直送店の紹介をしています!


Home アクアパッツア アクアパッツァ(acqua pazza)とは
credit
© 福岡魚食普及推進協議会
Home アクアパッツア アクアパッツァ(acqua pazza)とは