Facebook Twitter YouTube RSS

10/27の長浜鮮魚市場’sクッキング「アクアパッツァ」大好評でした!

最近急に寒くなって来ましたが、お魚が一番美味しい季節が近づいて来ましたね!
今回は前々回お世話になった魚料理ユニット「サカナグミ」の、綾ちゃんこと仲尾綾先生と彰ちゃんこと佐藤彰子先生に再びおいでいただき、鯵(アジ)を使った料理を教えていただきました。

今回の献立はこちら

秋満載アクアパッツァ(クリックするとレシピが見れます)
鯵のマスタードフライ&骨せんべい(クリックするとレシピが見れます)

さて、今回も、とても新鮮な「アジ」と「アサリ」を長浜鮮魚市場直送の鮮魚店から届けていただきました。

新鮮な魚は、こちらで簡単に探して買い求めできます。直送販売店をマップ上に表示

まずは先生のお手本から…
手元が見えにくい生徒さんは、どうぞ遠慮なく先生の後ろ側に回って見てください。

今回のアクアパッツァは少し特別です。
みなさんはアクアパッツァに使う魚として、どのような魚を思い浮かべますか?

真鯛、イトヨリダイ、イサキ、タラ…一般的にアクアパッツァに使われているのはどれも白身魚ですね。

ですが今回用意した魚は鯵!フライや刺身でお馴染みの青魚です!青魚は独特の臭いがあるためあまり適していませんが、DHAやEPAなどの血液をサラサラにする栄養素がたっぷり。そこで、今回はサカナグミさんの工夫していただき、とっても美味しい鯵のアクアパッツァが出来上がりました。秋満載…というだけあって、なんと、きのこやさつま芋が入っているんです!おそらくこんなアクアパッツァが食べられるのは世界中でここだけ!

次に鯵のマスタードフライと骨せんべい

こちらは皆さんにおろしてもらった鯵を使っていきます。
今回は骨に身が残る贅沢なおろし方、大名おろしです。骨も揚げていただくので無駄がないですね!

お手本が終わると早速各調理台に移動して、皆さんに作って頂きます。鯵は比較的おろしやすいので、初めての方でも手順さえ分かれば上手におろせるようです。

もし身が崩れてしまっても、フライにしてしまえばパン粉でカバーできるので初心者さんにはもってこい! 少し小さく作ってお弁当に入れてもいいですね!簡単なのに、見た目が華やかなフライの完成です。

初めての方でも、料理を作るという共通の作業を通してテーブルで話が弾みます。今回は、日頃料理はするけど魚はおろさない…という方たちが多くいらっしゃっていました。もちろん!普段料理をあまりしないという方も、美味しい魚料理を食べに遊びに来ていただけたら嬉しいです。

アクアパッツァは、『簡単で、豪華で、美味しい!』ので、ちょっとしたパーティやおもてなしでもGOODです。

新鮮で美味しい魚を使った「長浜鮮魚市場’s クッキング」は、毎月第4土曜日に開催しています。

次回は、11/24(土) 10:00~13:30

作る料理は、アラカブの「きのこいっぱいアクアパッツア」と、アクアパッツァの美味しいスープを活用して「ペスカトーレ」(魚介類のトマトソースパスタ)です。

講師は、プロの料理人、ホテルニューオータニ博多 カステリアンルームの山口雅美シェフです。

シェフから直々に教えていただけるこの機会をお見逃しなく!

詳しくはこちら(申し込みもできます)

 長浜鮮魚市場直送店の紹介をしています!


Home 市場日記 10/27の長浜鮮魚市場’sクッキング「アクアパッツァ」大好評でした!
credit
© 福岡魚食普及推進協議会
Home 市場日記 10/27の長浜鮮魚市場’sクッキング「アクアパッツァ」大好評でした!