Facebook Twitter YouTube RSS

梅干しでさっぱり うなぎチャーハン


うなぎと梅干しの組み合わせは大丈夫!!
梅干しは胃酸を濃くしてうなぎの油分の消化を助けます。さっぱりしたチャーハンですよ。

4人前

うなぎのかば焼き 1尾(約250g)
ご飯(茶碗軽く) 6杯分(約600g)
卵 4コ
しょうが(みじん切り) 大さじ 2

(A)
梅干し 6コ(約60g)
青ねぎ(小口切り) 10本
塩 小さじ 1
こしょう 少々

かば焼きのタレ 大さじ 2
・ごま油
1人前 583Kcal

<作り方>
① うなぎのかば焼きは2cm角切りにする。梅干しは種を除いて果肉をちぎる。ご飯に卵を割り入れてよく混ぜ、卵混ぜご飯を作る。
ポイント・・・チャーハンのパラパラ仕上げは卵混ぜご飯で。ご飯一粒一粒に卵をまぶすと、加熱時に卵が固まり、ご飯がパラパラに仕上がる。


② フライパンを中火で熱し、ごま油小さじ1をなじませ、うなぎを入れ表面をカリッと焼く。ポイント・・・かば焼きはカリッと焼く。表面のタレをカリッと焼くと香ばしくなり、チャーハンとなじむ。
③ ②と平行して中華鍋を強火で熱し、ごま油大さじ2を入れしょうがをいためる。香りが立ったら卵混ぜご飯を入れパラパラにほぐれるまでいためる。
④ ③に②を加え全体にうなぎを混ぜる。真中に穴をあけてかば焼きのタレを注ぐ。

⑤ タレが焦げて香ばしいにおいがしたら全体をさっくりいためる。(A)を加えて手早くいためて仕上げる。

料理研究家 上村節子先生のレシピです

 長浜鮮魚市場直送店の紹介をしています!


Home 上村節子先生 梅干しでさっぱり うなぎチャーハン
credit
© 福岡魚食普及推進協議会
Home 上村節子先生 梅干しでさっぱり うなぎチャーハン