Facebook Twitter YouTube RSS

ウナギの甘辛丼


市販のウナギのかば焼きは食べる前にフライパンで香ばしく焼くとさらにおいしくなります。
<材料> 4人前 1人前エネルギー 615Kcal
ウナギのかば焼き 1尾(約250g)
焼き麩 20g
糸こんにゃく(白) 200g
わかめ(塩蔵品) 10g
青ねぎ 適宜
卵 3コ
ご飯 4杯分
粉山椒または七味とうがらし 適宜

(A)
だし 300cc
砂糖・しょうゆ・みりん 各大さじ 2

かば焼きのタレ(市販品) 大さじ 2

<作り方>
① ウナギは細長く縦半分に切ってから長さを4cmに切り揃える。
② 糸こんにゃくは食べやすく切って下ゆでし、からいりをする。わかめは水で戻して一口大に切る。焼き麩は水で戻してひとつかみずつ取り、両手で挟むようにして水けを絞る。青ねぎは3cmに切る。

③ フライパンを弱火で温め、①のウナギを入れ5~6分間かけて両面をカリッと焼き、仕上げにかば焼きのタレを回しかける。

④ ③と平行してなべに(A)を入れて煮立てる。糸こんにゃく、戻した麩、わかめの順に加え、グツグツ煮立ったら卵を溶いて回し入れ火を止めて青ねぎを散らす。

⑤ 碗に盛った温かいご飯に④を等分にかけ③のウナギのかば焼きをのせ、好みで粉山椒や七味とうがらしをふる。

料理研究家 上村節子先生のレシピです

 長浜鮮魚市場直送店の紹介をしています!


Home 上村節子先生 ウナギの甘辛丼
credit
© 福岡魚食普及推進協議会
Home 上村節子先生 ウナギの甘辛丼