Facebook Twitter YouTube RSS

まぐろとアボカドの手ごねずし

しょうゆ漬けした魚を酢飯とともに手でこねて仕上げるから手ごねずし。
まぐろとアボカドの組み合わせもあっさりと食べられます。

まぐろとアボカドの手ごねずし

<材料> 4人前 1人前エネルギー 432Kcal

米            カップ2
まぐろ(サク、赤身)   200~300g
アボカド         1個
レモンのくし形切り    1個分
青ねぎ(小口切り)    適宜
・サラダ油

(A)あわせ酢
酢            カップ1/4
砂糖           大さじ1
塩            小さじ1/2

(B)
しょうゆ         大さじ2
みりん          大さじ1

 

<作り方>

  1. 米を研ぎ米と同量の水加減でかためにご飯を炊きボウルにとる。
    (A)を合わせよく混ぜ、ご飯に回しかけしゃもじで切るようにサックリと混ぜすし飯を作る。

  2. フライパンを熱してサラダ油少量をひき、水けをふいたまぐろを入れて強火で両面を手早く焼く。
    まな板に取り、5mm 厚さのぞぎ切りにし、(B)につけ込む。

    まぐろとアボカドの手ごねずし2

  3. アボカドは縦に切り込みを入れ半分に割る。
    種と皮を取り除いて、1~2cm 角に切りレモン汁少々まぶす。

  4.  1 のすし飯に 2 のまぐろを加えてざっと混ぜ器に盛る。
    アボカドと青ねぎを散らしレモンを添える。

    まぐろとアボカドの手ごねずし3

 

料理研究家 上村節子先生のレシピです

 

 

 

 長浜鮮魚市場直送店の紹介をしています!


Home 上村節子先生 まぐろとアボカドの手ごねずし
credit
© 福岡魚食普及推進協議会
Home 上村節子先生 まぐろとアボカドの手ごねずし