Facebook Twitter YouTube RSS

たちうおの棒ずし

完成写真

行楽弁当に持っていく最高の逸品料理が登場。3枚におろした太刀魚を酢飯とあわせるというとても簡単な棒ずし。バーナーを使い焼き色を入れる、見た目も最高に飾るプロの技とあわせて紹介する。

<材料> 2人分
たちうお…20㎝程度、青しそ…2枚、しょうが…10g、白ごま…大さじ2
【すし飯】米…1合(180ml)、昆布…1枚、酒…大さじ1
【すし酢】酢…大さじ1強、砂糖…大さじ1、塩…小さじ1/2
【甘酢】酢…1/4カップ、砂糖…大さじ1、塩…小さじ1

<作り方> 
(1) すし飯を炊く。

(2) すし飯にすし酢を加え切るように混ぜる。酢が混ざったら白ゴマ、しょうが、青しそ入れ混ぜる。

(3) 3枚におろした たちうお に塩をふり30分位おきさっと洗う、そして甘酢をふってまた20分位おく。白っぽくなって酢に馴染んだら 水分をふきとる。
ポイント → 塩に漬けて臭みをとってから甘酢に漬けると臭みの抜けもよく甘酢がしっかり浸かる。

(4) たちうおの皮目に斜めに切り込みを入れ表面をバーナーで焦げ色がつくまで焼く。

(5) 巻きすにラップをひき、太刀魚の皮目を下にして置きその上に酢飯を置きしっかりと巻く。

(6) 巻き終わったら少し置いてラップごと切りラップを とってラップをとって器に並べて完成。

料理研究家 森山いづみ先生のレシピです
NHK福岡放送局「ぐるっと8県九州沖縄」料理レシピ

 長浜鮮魚市場直送店の紹介をしています!


Home 森山いづみ先生 たちうおの棒ずし
credit
© 福岡魚食普及推進協議会
Home 森山いづみ先生 たちうおの棒ずし