Facebook Twitter YouTube RSS

さばの黄金焼き

さばを半熟の溶き卵にのせれば、溶き卵にくぐらせて焼くより衣がきれいに仕上がります。

さばの黄金焼き01

<材料> 4人前 1人前エネルギー 359kcal

さば(三枚おろし)    2枚(約500g)
青ゆず(輪切り)     2~3 コ分

(下味)
 しょうゆ、みりん      各大さじ2
 しょうが(すりおろし)   大さじ1

(衣)
 卵(溶きほぐす)      3コ分
 青じそ(粗みじん切り)  5~10枚分
 塩              少々

・ サラダ油、小麦粉

 

<作り方>

  1. さばは血合い部分の小骨を取り、1枚を4~6つのそぎ切りにし、(下味) に10分間位つけ込む。
  2. さばの水けを軽くふき取り小麦粉を薄くまぶす。
  3. (衣)の材料を混ぜ合わせる。
  4. フライパンにサラダ油大さじ1強を入れ中火で熱する。
    混ぜ合わせた衣の材料を大さじ1 広げ半熟状になったら身側を下にしてのせ焼く。
    残りも同様に作る。
    卵に焼き色がついたら裏返してふたをし弱火で4~5分間皮目をこんがりと焼く。
  5. 器に盛り青ゆずを添える。

 

料理研究家 上村節子先生のレシピです

 長浜鮮魚市場直送店の紹介をしています!


Home 上村節子先生 さばの黄金焼き
credit
© 福岡魚食普及推進協議会
Home 上村節子先生 さばの黄金焼き