Facebook Twitter YouTube RSS

かなとふぐのだし茶漬け

完成写真
手ごろな価格で買うことができる、カナトフグ(正式名はシロサバフグ)を使った料理が登場。身の部分は生でゴマしょうゆの漬けにし、アツアツのご飯にのせる。また、骨の部分でだしをとり、それを上からかけ茶漬けにする。作り方をわかりやすく紹介する。

<材料> (2人分)

カナトフグ…1匹(スーパーなどですでに内臓など処理してあるものを購入して下さい)
【タレ】
しょうゆ…大さじ2、みりん…大さじ2、すりごま(白)…大さじ1
ごはん…茶わん2杯分、三つ葉…2本、ワサビ…適量
酒・塩…各少々、昆布…5cm角1枚

<作り方>

(1) カナトフグは、三枚におろして、そぎ切りにする。

(2) タレにつけて1時間から一晩つけておく。

(3) だしをとる。鍋に水2カップと昆布をいれて1時間くらいおいておく。

(4) カナトフグの骨を3に入れて弱火にかけ、沸騰しないように気をつけながら15分くらい煮る。固く絞った濡れ布巾でこす。

(5) こした出汁に酒と塩で味を調える。

(6) 炊きたてのご飯を茶わんに盛り付け、カナトフグのづけをのせ、三つ葉とワサビを添える

料理研究家 森山いづみ先生のレシピです
NHK福岡放送局「ぐるっと8県九州沖縄」料理レシピ

 長浜鮮魚市場直送店の紹介をしています!


Home 森山いづみ先生 かなとふぐのだし茶漬け
credit
© 福岡魚食普及推進協議会
Home 森山いづみ先生 かなとふぐのだし茶漬け