Facebook Twitter YouTube RSS

いさきの酒蒸しトーチソース

完成写真
5月ごろから脂がのり始め、夏に旬を迎えるイサキ。酒蒸しした淡白な白身に、トーチジャンを使ってコクのある中国風のソースをかけた一品。イサキのうま味をシンプルに味わえる調理法を紹介する。

<材料> (2人分)

いさき(80gのもの)…2切れ、塩…少々、酒…大さじ1、なす…1/2本、しょうが…5g、香菜…適宜
【合わせ調味料】
トーチ…10g、酒・しょうゆ・チキンスープ(中国風)…各大さじ2、砂糖・しょうが汁…各小さじ2、かたくり粉・ごま油…各小さじ1

<作り方>

(1) いさきに下味をつける。いさきの切り身は、皮目に切り込みを入れて、塩を振って15分程置いておく。

(2) しょうがはせん切りにする。

(3) なすを切りアク抜きをする。なすは5cmの長さの薄切りにし、水にさらしてアクを取り、水気を拭き取る。

(4) 酒蒸しにする。皿になすを並べるように敷き、水気を拭き取ったいさきをのせて、しょうがのせん切りをのせる。酒を全体にふってラップをふんわりとかける。

(5) レンジに加熱かける。電子レンジ(500w)に2分程かける。そのまま2~3分おくと、予熱で火が通る。

(6) 合わせ調味料を作る。合わせ調味料の材料を小鍋に入れ、ひと煮立ちさせる。

(7) 盛り付ける。蒸し上がった魚に合わせ調味料をかけて、香菜を添える。

料理研究家 森山いづみ先生のレシピです
NHK福岡放送局「ぐるっと8県九州沖縄」料理レシピ

 

 長浜鮮魚市場直送店の紹介をしています!


Home 森山いづみ先生 いさきの酒蒸しトーチソース
credit
© 福岡魚食普及推進協議会
Home 森山いづみ先生 いさきの酒蒸しトーチソース